既存住宅アドバイザー講習会について

オフィス

既存住宅アドバイザー講習会は不動産事業者・住宅関連事業者向けの講習会で、建物インスペクションや既存住宅売買かし保険など、既存住宅流通事業を営む上で必要とされる知識を身に付けることを目的としています。

国が推進する既存住宅流通活性化には、消費者が安心して既存住宅を購入することができる環境作りが大切で、これまで以上に現場で消費者と接する事業者の能力の向上が求められます。本制度の活用で、事業者の知識・スキルを補完し、既存住宅流通活性化に寄与する所存でございます。

既存住宅アドバイザー講習会を受講すると、既存住宅アドバイザーとして登録され、専用の登録証が発行されるほか、講習内容を実務で活用するための「既存住宅アドバイザー調査ツール」というシステムが3年間無料で利用できるようになります。

ページの先頭へ